2012年08月21日

思い出のメロディーに想う

  
  つれない素振りしたけれど
  俺の胸は燃えている
  好きだと言えぬ、なぜ言えぬ・・・

深夜放送から流れる今は亡き裕ちゃんの曲に
なぜか感傷的になり
45年前の青春真っ只中の東京勤務が甦ってきた。

当時社内には20代の女性社員が12〜3名おり、その中の一人
短大卒一年目で色白でいつももの静かなYさんに
何となく話し掛けるようになり、冗談を言い合うようになっていた。

転勤の内示があった日に、Yさんより
どこか東京案内しますか?
と声掛けがあり
まだ東京タワーに行っていないなぁ・・・
と言うと
今度の日曜日、三愛ビル前で10時
と言ったまま走り出して行った。

先輩に話した所、
東京・大阪では名のある会社の役員さんの御嬢さんで
箱入り娘と聞いているが、彼女が言ったのなら案内してもらいなさい
とのアドバイスがあった。

東京タワー・西銀座・新宿・渋谷・・・と楽しい一日であった。
東京を離れてから、何度か手紙があったが
Yさんの家柄等も考え返信はしなかった。

遠い遠い青春の
ホロ苦い1ページを掘り起こす歌であった。
posted by くらうど at 18:04 | 宮城 ☀ | Comment(0) | 前期高齢者の仲間入りした私 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。