2012年10月23日

夫婦の絆

退職後の高齢者の就労意欲が高まっているが
職に就けるのは難しい状況にある今日。

小生は運良く63歳で定年退職後も今日まで
これまでとは全く違う職種にフルパートとして勤めて
満5年目を迎えるが、日々充実した暮らしを送っている。

折りしも現役時の同期の集まりの会が開かれ
各々の状況報告を面白おかしく語られたが
毎日が日曜日の身分を楽しんでいるとは見えず
無理して1日を過ごしてるスケジュールを披露している感じがした。

その中の一人が、10月から6カ月間の有期就労が決まった。
と嬉しさをを隠せない様子であったが、彼曰く
一番喜んだのが妻である
との言葉には何となく侘しい思いが込み上げてきた。

妻との会話も少なくなり二人の間には何となく気まずさが漂うようになり、
1日中窮屈な思いで過ごしている
と聞かされていたからである。
幸いにも小生は現役同様の生活を続けており、
逆に妻より身体を気遣ってくれる言葉も聞かれ、
仕事に精を出す源にもなっている。
行ってらっしゃい、お帰りなさい、
の言葉を聞きたくて。
posted by くらうど at 16:15 | 宮城 ☔ | Comment(0) | 前期高齢者の仲間入りした私 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。