2014年06月07日

エピソード3見積りは大事

ミル姉、常々感じていることですが、引越って「一期一会」だなあ〜と…

なぜかというと、お客様それぞれお運びする家財が違いますし、
移動する距離 や建物 の条件も違います
(そんなこと当たり前だろう!って言われそうですが…ふらふら )

引越屋さんで働く以前は、自分の家の引越をごく一般的な家族の荷物だとか、
旦那の単身引越の際も普通の単身の荷物っと思ってたのですが、
それはミル姉の勝手な尺度で判断していたに過ぎないっということに気づいた訳なのですひらめき

今回はミル姉の知り合いが引越した時の話しです。

タンスを二点(和ダンス、洋ダンス)運ぶだけだったので、
あえて見積りにきてもらうことはしないで、電話で決めたそうですが、
なんと運び入れるのはメゾネットタイプで1階と2階に分かれている建物だったのです

タンスは2階に置く予定だったのですが、階段が狭くて、タンスが通らないため、
急遽吊りの作業で入れることに…あせあせ(飛び散る汗)

依頼された引越屋さんが、引越先の建物の状況を確認しなかったのと、
引越する本人もメゾネットタイプということを伝えてなかったということで、
双方に落ち度が…がく〜(落胆した顔)

時間もお金もかかってしまったようです

引越は、お客様それぞれです

見積りに来てもらうの面倒っと思いがちですが、
見積りは無料でお伺いしておりますので、是非ご用命いただければと思います


posted by くらうど at 18:11 | 宮城 ☔ | Comment(0) | ミル姉さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。