2019年07月14日

潜水艦!

海上自衛隊の最新型の潜水艦「せいりゅう」が、宮城県の仙台港に寄港し、13日から一般公開が始まった。

公開されたのは、2018年3月に就役した、海上自衛隊のディーゼル潜水艦「せいりゅう」。

「せいりゅう」は、全長84メートル、幅9メートルで、艦内では70人近くの隊員が任務にあたっている。

また、水中での運動性に優れる「X字型」のかじを採用。

高性能ソナーによって探索能力に優れ、レーダーにも映りにくいという。

さらに、おとりとなる弾「デコイ」を放出して、魚雷から潜水艦を守る「魚雷防護システム」など、最新鋭の装備が搭載されている。

潜水艦「せいりゅう」・平間武彦艦長は、「海上防衛の任務の一端を担えるように、精進して参りたい」と話した。

「せいりゅう」は、15日まで仙台港に停泊し、護衛艦「ちくま」とともに一般に公開されている。

016E95AF-6788-4663-B6AA-AA95E04BCCEE.jpg03824EF9-F46C-4451-A158-826DA7A8A4E4.jpg
B241AEEB-13AE-44E4-8085-0B0DCA8E9992.jpgF34CE6DE-FC32-4810-8E77-7025F9C45207.jpg
かっこいい。みてきちゃいました。
posted by くらうど at 18:35 | 宮城 ☔ | Comment(0) | リラックマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。